平成29年度 陽田町会防災訓練

皆様こんにちは。陽田町会自主防災隊です。

今回は平成29年度の防災訓練の様子を掲載します。

 

10月15日(日)9時30分から陽田会館にて防災訓練を実施しました。

この日は残念ながら雨でしたので陽田会館で小規模な防災訓練となりました。

訓練内容は以下の通りです。

1.AED訓練

2.消化器の使い方

3.三角巾の使い方

4.スタンドパイプの説明

5.非常食について

 

AED訓練では、町で倒れている人を見つけてから心肺蘇生、救急車の手配、AEDの使用の仕方までを実践形式で講習いただきました。

なお、AEDの設置場所についてはたくさん、スマートフォンのアプリがあります。

有料のものや無料のものまでありますのでこれを機会にインストールしておくのがいいかもしれませんね。

陽田町会では駅前交番、相原駅、モーヴァン乗馬クラブに設置されいますので皆さん覚えておいてくださいね!

 

消化器の訓練は室内ですので実際に使う訳にはいかず、消防団員の方により講習という形で進めていただきました。

陽田町会には街頭消化器がたくさん設置されています。

場所は陽田町会総会資料に掲載されていますのでご確認ください。

これらの街頭消化器については自主防災隊で定期的に確認しておりますのでご安心ください。

 

三角巾の使い方では実際に三角巾を使用して実践形式で行いました。

三角巾は衛生面を考え、テーブルや地面につけないよう、空中で折りたたみ、帯状にするという方法を教わりましたが、なかなか難しく皆さん四苦八苦していました。

普段から練習しようと思います!

 

スタンドパイプもこの日は実際に使用して放水訓練を行う予定でしたが、雨のため室内での実施となったため、使い方の説明だけとなりました。

非常食についてはホームセンターなどで市販されているレトルトなどの紹介とアルファ化米の紹介となりました。

非常食はまとめて購入するのではなく、定期的に購入し備蓄すると消費期限が分散され、効率よく消費、管理ができます。

アルファ化米は実際にお湯で戻し、参加いただいた方々に持って帰っていただき、実際に味を確認していただきました。

今回は炊き込みご飯でしたが、実際に炊いたご飯とほぼ変わらず、おいしかったです。

非常食とはいえ、やはり味は大事なことで、生き延びるための力を得ることと同時に精神的にも励みとなりますね。

今回は雨で陽田会館の実施となりましたが、内容は充実していて皆さん真剣に取り組んでいただきました。

自分自身もこれまでの防災知識に対する再確認と、あらたに防災の知識を得られたと思います。

 

今回は消防団の方々と町田市消防団ヴィーナス隊の方々にご協力いただきました。

ヴィーナス隊とは女性だけで結成された消防団で、女性目線での防災活動をされています。

定期的に訓練活動を実施されています。

現在、ヴィーナス隊のメンバーを募集中とのことですので皆様、是非ご協力ください!

 

 

今後も陽田町会自主防災隊では防災活動や各種イベントを開催していきますので皆さん是非ご参加のほど、よろしくお願いします。

 

防災訓練にあたり、ご協力いただいた消防団の皆様、町田市消防団ヴィーナス隊の皆様ありがとうございました。