陽田町会祭礼実行委員会を開催しました

2018年7月7日午後7時より、陽田会館において、祭礼をお手伝いいただく実行委員の方々と今年の役員、班長が一堂に会しました。
お忙しい中ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

祭礼の段取りは例年通りですが、昨年までの反省点を踏まえて以下の4点だけ新たな試みがあります。

1)「陽田」と町名が入った法被を12着新調したこと。

2)テントを一張り借用してスペースを拡張すること。

3)テント内に冷蔵庫を設置して飲み物を冷やすこと。

4)受付の横に必ず1人は接待係がついて席にご案内すること。

今年はとにかくやってみて、改善すべき点があったら来年の役員さんに考えていただきたいと思います。

またこの日は、午前中から担当の役員さんが総菜や飲み物の準備をしてくださったり、お祭りで使う花を作ってくださったり、まるまる1日奉仕してくださった方もいらっしゃいました。ありがとうございました。

祭りの準備はまだまだ続きます。
準備期間も祭りの当日、後片付けに至るまで、つつがなく終えられますよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

リニューアルのお知らせ

本サイトはこれまで相原町陽田町会自主防災隊が活用してきましたが、2018年度より相原町陽田町会のオフィシャルサイトとして運営することとなりました。

町内会活動を広く知っていただき、町内会に参加してくださる方を増やしていきたいとの思いから、情報共有および運営の透明化を図るツールの1つとして本サイトの運営に着手しました。
まず、会館の予約状況や会議スケジュールなどを、Googleカレンダーで皆さんにお知らせするようにしました。
役員のみならず、町会会員のみなさんにもぜひ活用していただきたいと思います。
また、陽田町会長のメールアカウント youda@aihara-youda.com を発信元として、本年度の役員、班長の連絡網には、メール配信の利用を開始しています。

今後コンテンツは少しずつ追加していきますので、どうぞご活用ください。

防災チェックシート&防災マップ(2017年2月版)

2017年2月時点の、最新の防災マップを更新しました。(2017年2月18日)

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

New!! クリックで拡大

PDF版一括ダウンロードはこちらから

pdf_logo
new_03_red 防災チェック&マップ(2017年)(約1.2MB)

平成26年12月吉日

陽田町会防災チェックシート配布のご案内

師走に入り、お忙しい日々をお過ごしのことと存じます。
早いもので今年もあと僅かとなりました。
今年、この界隈では大きな災害もなく、無事新しい年を迎えることが出来そうですが、広島県での土砂災害、御嶽山噴火、長野県北部地震等、日本各地では大災害が相次いだことは記憶に新しいところです。

町会会員各位におかれましても、いつ来るかわからない災害に普段より備えておくことをお奨めいたします。
特に防災の備えは即できるものではありません。費用もかかれば時間もかかります。
防災用品が整っていない方は目標をもって揃えていただいたり、整っている方は非常食の消費期限の確認等、今般配布する「防災チェックシート」が何らかのお役にたてば幸いです。

裏面には陽田町会の「防災マップ」をご用意しました。街頭消火器や消火栓の場所のご確認にご利用ください。

皆様におかれましては来年も平穏で良い年になることを祈念しております。

陽田町会会長兼自主防災隊隊長 上田 浩巳
陽田町会 自主防災隊 本部長 鈴木 寿幸

町内消火栓、街頭消火器、危険箇所点検

2015年5月9日午後2時30分より、自主防災隊および有志によって実施されました。
午後3時に陽田会館からスタートし、防災マップに記載されている内容に相違はないか、設備に不具合は無いか、消火器については使用期限の確認をし、同時に危険箇所の調査をしながら、町内をぐるっとウォーキングしました。約1時間半の行程でした。
その結果、前回の防災マップに未掲載の消火栓を1箇所発見しました。次回の防災マップには掲載します。
また、今回の行程では、子供たちの機敏さと元気に、疲れてきた大人たちはとても助けられました。感謝です。
あらためて、地域における子供の存在のありがたさを感じる行事でもありました。

防災マップを片手に消火器の位置を確認

防災マップを片手に消火器の位置を確認

使用期限をチェック、記録

使用期限をチェック、記録

防災マップと消火栓の位置を照合

防災マップと消火栓の位置を照合

大人にはそろそろ疲れが見え始め

大人にはそろそろ疲れが見え始め

防災水槽はこういう蓋なのか、と確認

防災水槽はここでこういう蓋なのか、と確認

ここにも消火器があります

ここにも消火器があります

危険箇所の有無を実際に歩いてチェック

危険箇所の有無を実際に歩いてチェック

森から抜けることが出来ました

森から抜けることが出来ました

まさにウォーキングです

まさにウォーキングです

疲れた大人に元気をくれたのは子供達

疲れた大人に元気をくれたのは子供達

残るチェック箇所もわずか

残るチェック箇所もわずか

この水槽のあとはAED。すべて完了です

この水槽のあとはAED。すべて完了です

◎ 今回のチェックで目に付いた危険箇所ってどんなところ? ◎

たとえばこんなところ

たとえばこんなところ。通学路なのです

通学路なので子供が足をひっかけるかも

足をひっかけないよう注意して歩こうね

こういう亀裂も将来危ない

こういう亀裂も将来危ない

側溝の間がすっぽり空いてます

側溝の間がすっぽり空いてます

こんな風にならないよう気をつけよう

こんな風にならないよう気をつけよう

今は小さい穴だけど

今は小さい穴だけど・・・

頭上にも注意。大地震のときには、落ちてくる可能性も。

頭上にも注意。大地震のときには、落ちてくる可能性も。

最後に発電機をチェック

最後に発電機をチェック